プロフィール

松本 暁彦(まつもと あきひこ)

1983(S58)年8月生まれ 38歳     

2002年3月 関西大倉高等学校卒業

2006年3月 香川大学農学部卒業

2006年3月 陸上自衛隊入隊(一般幹部候補生) 

2011年3月 東日本大震災で災害派遣に従事

2012年1月 第6次ハイチ派遣国際救援隊(PKO)従事

2014年3月 自衛隊退職(最終階級:1等陸尉)

2014年3月 衆議院議員とかしきなおみ事務所入所

2017年9月 摂津市議会議員選挙にて初当選 

2020年3月 関西学院大学経営戦略研究科卒業

2021年9月 摂津市議会議員選挙にて当選(2期目)

▶議会所属会派:自民党・市民の会

▶議会担当委員会:総務建設常任委員会など

▶その他の活動:摂津市消防団、予備自衛官、青年会議所、大阪防衛協会

▶趣 味:写真、読書、たまに運動

▶特技・資格:経営管理修士(MBA)、剣道参段、弓道初段

▶政策理念など


プロフィール詳細

● 関西大倉高校剣道部にて

 

 1999年~、高校生活では、関倉にていろいろと鍛えられながら、日々過ごしておりました。

 

● 香川大学農学部在学中の弓道部にて

 

 2002年4月、うどん県といわれる香川県三木町の香大農学部にて、大豆に関連する研究に携わりました。

 そこで大豆の栄養の豊富さに惹かれ、研究者への道もありましたが、当時の反日デモなどが起こる波乱な国際情勢に、日本の安全を危惧し、人を守る仕事に就くことにしました。

 

● 陸上自衛隊幹部候補生学校にて

 

 2006年3月、大学卒業後、陸上自衛隊に一般幹部候補生として入隊。

 入隊当初、幹部候補生学校(福岡県久留米市)にて、約10カ月間、普通の学生から自衛隊幹部になるための教育を受けました。とても厳しいものでしたが、仲間とともに乗り越えて参りました。

 

● ー20℃の北海道の演習場にて(第1小隊長時)

 

 2007年1月、幹部候補生学校卒業後、

 北海道の旭川市に駐屯する第2師団第2施設大隊に配属。 

 ロシアを臨む最北の防人として、小隊長、副中隊長、大隊本部 運用訓練幹部等を歴任し、約8年間、国防に従事。

 当時の第2師団は陸上自衛隊先進部隊実験を担任しており、小隊長から参加。また米軍との共同訓練等にも参加。様々な訓練・実働等を通じて日本の安全保障環境を巡る状況の厳しさを実感。

 

 また旭川では、とても厳しい冬の寒さと、それに負けぬ人の暖かさを満喫しました。

 

● 災害派遣時、応援マークを貼ったヘルメット

 

 2011年3月11日の東日本大震災では、発災直後から災害派遣活動に従事し、当初は岩手県宮古市で、その後に宮城県気仙沼市にて活動しました。それは本当に大変なものでした。

 

 私はこの未曽有の大災害での現場で、自衛隊や市ができることの限界・公助の限界を強く認識しました。

 もっと民間・地域力=共助の力を活用することが、国民・市民の命を守ることになると感じました。

 

● 国連職員を迎えてのPKO日本隊本部にて

 

 2012年1月~8月、第6次ハイチ国際救援隊としてハイチ共和国に派遣。 

 本部勤務で、日本隊が行う工事などの作業計画の企画立案を担当し、国連司令部・各国派遣部隊・現地NGO等と日々調整を行い、また現場での作業部隊の指導等も行っていました。

 慣れぬ海外の方々との交渉、現地の人々への対応、部隊の隊員との調整と、難しい任務に追われる大変な日々でした。

 

 このハイチでは、大地震によって無政府状態となり、無秩序な状況においてギャングの跋扈する、暴力が支配する様を目の当たりにしました。政治が国民・市民の命を守ることに直結していることを肌で感じました。

 

● 自衛隊退職時にて

 

 2014年3月、30歳で自衛隊を退職。

 色々と経験する中で、国民・市民の命を守るには政治が最も大切であると感じました。

 そこで、その世界に思い切って飛び込むことにしました。

 

 自衛官8年間、気が休まることが無い中で、何とか周りの方々の助けがあって、やってこれました。

 感謝です。

 

● 別府コミュニティセンター開所式に、衆議院議員とかしきなおみの代理として参加

 

 2014年3月、吹田・摂津市を選挙区とする衆議院議員とかしきなおみ(自民党)事務所に入所。

 四国、九州、北海道を回って、地元に帰ってまいりました。

 そして、国会議員秘書として、政治について学びました。

 

● 市議会議員当選証書授与式にて

 

 2017年9月17日執行の摂津市議会議員選挙にて初当選させて頂きました。

 多くの方に支えて頂きました。感謝です。

 4年間、しっかりと地域、摂津市のため頑張って参ります。

 想いを言葉に、言葉を形に、形から実践へと、「人を守る政治」を実践します。

 

● 関西学院大学 経営戦略研究科(ビジネススクール)入学式にて

 

 2020年3月、農業と防災分野はともかく経済分野の知識が不足しており、助言もあり関学の社会人向けのビジネススクールに2018年から2年間通い、なんとか無事に卒業して経営管理修士(MBA)を取得しました。

 ここで得た知識は議会活動で大いに活用しております。その具体例としてビジネスサポートセンター設立を実現しました。

 

 

多くの方々に助けて頂いている人生。

 

恩送りとして、私も社会・市民の為に頑張って参ります。