摂津と健都

市民の健康寿命延伸の取組に邁進中!!

 

夢の実現!!健都まちづくりの概要

北大阪健康医療都市(愛称:健都)のまちづくりは、JR岸辺駅の国立循環器病研究センターを中心とし、吹田市と摂津市の両市にまたがる健康・医療のまちづくりのことで、摂津市の未来を左右するとても重要な取組みになります。

 その目的は①国立循環器病研究センターを中心とした循環器病の予防医療のまちづくりと②イノベーションパークを含めた国際級の医療クラスター拠点を目指すことです。これらが実現することにより、市民には健康寿命延伸の実現で、亡くなる直前まで健康な生活を過ごすことができ、そして医療クラスター拠点からの税収増による市民サービス向上、雇用なども生まれ、経済的なメリットがもたらされます。

 ただし、まだまだ健都のまちづくりはこれからであり、しっかりと良い将来に向けて政策を推進していかなければなりません。私は議会から適切な政策提言を行って、しっかりと頑張って参ります。

北大阪健康医療都市HP

https://kento.osaka.jp/


循環器病の予防と健康寿命延伸の取組について

上記表は2018年の死因を示したものです。この中で心疾患と脳血管疾患が循環器系の病気であり、約23%・約31万人の死亡原因となっています。この循環器病を予防することが日本でも大きな意義ある取組みなのです。

上記は介護が必要となった原因を示したものです。ご覧の通り、循環器病が21.2%と介護が必要になった最大の原因となっています。死因と身体の不自由をもたらす循環器病を予防することは重要です。

そして健康寿命の延伸とは、亡くなるまでの不健康な期間をできる限り縮めていくことを意味しています。

 

いつまでも健康で居られることは、自身の身体的不自由とそれに伴う精神的疲労を回避することは勿論のこと、家族や親族などへの介護負担を避けることができます。この事で多くの市でも取り上げている所謂「健幸な生活」を亡くなるまで過ごせます。

 

予防医療のまちづくりとは幸せなまちづくりといって過言はありません。

 

そしてこの事は社会保障費の増大を防ぎ、個人の負担増大や社会保障の崩壊防止にも繋がります。

 

そして真に必要とされる方々にその保障費を回すことができます。

 

とても重要な取組みなのです。


国際級の医療クラスター拠点を目指すことについて

 健都におけるもう一つの目標である「国際級の医療クラスター拠点を目指す」ことに関して、国立循環器病研究センターのOIC(オープンイノベーションセンター)と、健都イノベーションパークに誘致される最先端の健康・医療関連の研究機関や企業が連携してその実現を目指すものです。(上記図・吹田市資料参照)

 2020年8月時点では、イノベーションパークには㈱二プロ本社・研究機関とアライアンス棟(国立健康・栄養研究所とレンタルラボ)の二つが決定しているだけで、まだ多くの土地が余っています。これらへの企業・研究機関誘致が現在行われています。

 

 このイノベーションパークの全ての土地が企業・研究機関で満たされることで数千人が働く産業エリアがこの摂津市に出現します。そのことは周辺への住宅、飲食、雇用などの経済的波及効果は勿論のこと、同パーク内企業と本市の製造業とのマッチングでの新製品開発など産業活性化につながります。

 また法人税などの市財政へも歳入増となり、市民サービスで回せる予算が増えます。摂津市を豊かにする大きな起爆剤となるこの取り組みは将来を見据え丁寧に、着実に進めていかなければなりません。


これまでの取組みについて

健都のまちづくりは本市の宝です。

 

ただし、健都のまちづくりは手を抜いて勝手に育つような甘いものではありません。

健都の成功にはそれ相応の組織構築、政策努力が必要になります。

そのため、2017年12月の議会にて不十分な本市の組織体制の改編を求めました。

それが、「(仮称)健都プロジェクトチーム(推進室)の創設について」です。

 

その結果、市は2018年4月より兼職ですが「健都まちづくり担当」が創設されました。その組織改編の内容は2018年6月議会で確認しています。

2018年6月議会「健都まちづくりとシティプロモーションについて

(業務量が10あるならば、業務量1をこなす組織ではなく、業務量5をこなす組織を先に構築するほうが、結果として効率的です。)

 

次に、本市の健都へのスタンスを明確にする。健都へのビジョンを本市はどう考えているのかを文章化する必要を感じました。

他の議員も含め、健都への考え方が曖昧であり、組織として方向性を統一すべきと考えました。

そこで、2回の議会の質問を経て、2018年6月と9月の議会でその方向性を明確化しました。

 

2018年6月議会「健都まちづくりとシティプロモーションについて

2018年9月議会「本市における健都まちづくりの目指す方向性について」

 

その結果を図にしたのが、上記図になります。

 

 

次に、力を入れたのは健都のシティプロモーション幼児への健康教育です。

 

健都の具体的政策へとシフトを変えていきます。

 

幼児への健康教育については、健都の健康寿命の延伸を実現するためには、生活習慣病予防が大切であり、それは若い頃から意識させなければならないという考え方と、社会的にも注目を浴びやすいものとの考え方の二つから取組み始めました。それは各議会で取り上げました。

2018年6月議会「子供を含めた全世代への健康のまちづくりの施策の必要性について

2018年9月議会「子育て世代を取り込む幼児の健康教育推進について

 

その心は、幼児の健康教育を通して親世代の健康意識にもアプローチするというものです。これに協力してくれるところもあり、着々と進めていました。

しかしながら、コロナ禍の影響でストップしています。コロナ禍が収まれば、しっかりと進めます。

 

 

健都のシティプロモーションについては、まずもっての目標はイノベーションパークの企業誘致でした。早期に有力な医療・健康産業関連の企業を誘致するためのシティプロモーション・広報が必要だと提言しました。それは2018年の議会での一般質問で取り上げました。

 

2018年6月議会「健都まちづくりとシティプロモーションについて

2018年9月議会「広報の健都まちづくり等のシティプロモーションにおける役割について

 

 これらのように健都を使ってのシティプロモーションと考えていたところ予想外の事が起きました。市の担当者が、健都だけでなく市全体のシティプロモーションを本格的に行うべきと発案されたのです。

ということで、市はシティプロモーション戦略策定を開始しました。

 摂津のブランド価値向上が健都のPRにも繋がるので、良い政策であると私も賛同し、その推進のために応援しています。それは2019年、2020年の議会での一般質問で取り上げました。

 

2019年9月議会「シティプロモーションとふるさと納税等の施策との連動について

2020年6月議会「シティプロモーション戦略の具体化について

 

シティプロモーションによって本市のブランディングを行うことは非常に重要です。

これをしっかりと健都とも連携させていきます。

 

 

その他にも、健都との相乗効果を狙った千里丘駅西地区再開発の取組みや明和池公園(健都内所在)の価値向上などにも取り組んでいます。それは各議会で取り上げています。

 

2019年6月議会「千里丘駅西地区再開発との連携も含めた健都の魅力あるまちづくりについて

2019年12月議会「健都における明和池公園の価値向上について

 

 特に、千里丘駅西地区再開発での健都との連携を計画段階から盛り込むようにと約1年近く言い続けて(委員会など)、2020年8月19日にようやく形となりました。19日に締結した「事業協力者の提案」に健都との連携がしっかりと明記されました。

 

また、健都でのエリアマネジメント組織についての議論が交わされ始めています。吹田市と摂津市の両市にまたがる健都を総括的に運営する組織の事です。それに関しては関学での研究対象としました。詳細は以下にリンクで掲載しています。

 

健都の取り組みはまだまだ続きます。


エリアマネジメント組織について

関西学院大学大学院の経営戦略研究科の修論で、健都におけるエリアマネジメント組織について研究しました。以下のPDFはその発表資料と論文です。

ダウンロード
課題研究論文 北大阪健康医療都市(健都)におけるエリアマネジメント組織の研究.p
PDFファイル 2.1 MB
ダウンロード
課題研究発表用 北大阪健康医療都市(健都)におけるエリアマネジメント組織の研究.
PDFファイル 2.4 MB

関連リンク先