· 

PFOAについてアメリカ等での調査・論文等


Ⅰ 概 要

 PFOAに関して、アメリカ等での論文、関連サイトについて紹介して頂いたので、確認しました。

 

 そのうち、幾つか主要と思われるものについて、取り上げ、そして抜粋して掲載しています。

 

 特に「 C8 Science Panel 」はアメリカデュポン社での飲料水汚染に関するもので、これを最初に掲載し、そのあとにはそれに関連する論文等(主にEnvironmental Health Perspectives・米国国立環境衛生科学研究所の支援を受けて毎月発行される査読付きのオープンアクセスジャーナル)を掲載しました。訳はそののままを引用しているので、少し日本語がおかしい所もあるかもしれません。

 

 PFOAについてより一層の理解を深めるうえで、ご参考下さい。

【単位について:1L=1,000mL、1mg=1,000㎍、1㎍=1,000ng】

 

 


Ⅱ C8 Science Panel

ホームページ紹介

 2005年から2013年にかけて、C8 Science Panel は、ウェストバージニア州パーカーズバーグのワシントン工場から1950年代以降に放出されたPFOA(またはC8)の放出によって潜在的に影響を受けていたオハイオ中部渓谷のコミュニティで曝露および健康調査を実施しました。次に、C8ばく露と多くの疾患との関連を評価した。C8 Science Panel はその作業を完了し、もはや存在しません。このウェブサイトは、その結果をまとめたものです。

 C8 Science Panelは、トニー・フレッチャー、デイヴィッド・サヴィッツ、カイル・スティーンランドの3人の疫学者で構成され、原告とデュポンの間のプラントからのC8の放出に関する訴訟の法的解決の当事者によって共同で選ばれました。パネル、その研究プログラム、およびその他の情報源へのリンクは、左側のリンクから見つけることができます。

 主な結論は、科学パネルが曝露と疾患との関連性を発見したかどうかをそれぞれのケースで要約したProbable Linkレポートの形です。Probable Linkレポートの要約の背後にある詳細な科学は、科学雑誌の記事に掲載されています。多くの記事が公開されており、さらにいくつかはまだ出版の過程にあります。左側のリンクに従ってください。

 6つの疾患カテゴリーについて、C8 Science Panel は、診断された高コレステロール潰瘍性大腸炎甲状腺疾患精巣癌腎臓癌、および妊娠誘発性高血圧症のC8曝露との推定関連があると結論付けた。

 

C8 probable link report(推定関連レポート)

 和解の一部は、PFOA曝露とヒトの病気との間に可能性のある関連性があるかどうかを評価するために、コミュニティで研究を行うために、3人の疫学者からなるサイエンスパネルの創設でした。この設定における「推定関連」は、和解契約において、入手可能な科学的証拠が与えられれば、クラスメンバーの間でPFOA曝露と特定のヒト疾患との間に関連性が存在する可能性が高いことを意味すると定義されている。

 

〇自己免疫疾患の推定関連評価

 自己免疫疾患は、身体の免疫系が自分自身を攻撃する疾患です。これらの病気は一般的に比較的まれです。彼らは通常致命的ではありませんが、深刻な慢性不快感を引き起こし、無効にしている可能性のある不治の病です。我々は、ミッドオハイオ渓谷で発生する5つの最も一般的な自己免疫疾患を検討した。炎症性腸疾患などのこれらの疾患のいくつかは、自己免疫および他の非自己免疫プロセスの両方を含む可能性が高いことに留意すべきである。

 C8サイエンスパネルが入手できる疫学的およびその他のデータに基づいて、我々は、C8(PFOAとしても知られる)への曝露と潰瘍性大腸炎との間には推定上の関連性があると結論付け、PFOAと他の自己免疫疾患(関節リウマチ、狼瘡、1型糖尿病、クローン病、または多発性硬化症)との間には可能性のある関連性は見出さない。

 

〇甲状腺疾患の推定関連評価

 甲状腺ホルモンは、代謝、成長、および発達を調節する上で重要な役割を果たします。下垂体は、必要に応じて甲状腺ホルモンの産生を調節する甲状腺刺激ホルモンを産生する。甲状腺にはいくつかの主要な障害がありますが、最も一般的なものは甲状腺機能低下症と甲状腺機能亢進症です。甲状腺機能低下症は、甲状腺が十分な甲状腺ホルモンを作らない状態、すなわち甲状腺が活動不全である状態である。対照的に、甲状腺があまりにも活発である場合、それは体が必要とするよりも多くの甲状腺ホルモンを作ります。この病気は甲状腺機能亢進症として知られています。

 C8サイエンスパネルが入手できる疫学的およびその他のデータに基づいて、我々は、C8(PFOAとしても知られる)への曝露と甲状腺疾患との間には推定上の関連性があると結論付ける。

 

〇がんの推定関連評価

 C8サイエンスパネルが入手できる疫学的およびその他のデータに基づいて、我々は、C8(PFOAとしても知られる)への曝露と精巣癌および腎臓癌との間には推定上の関連性があるが、考慮された他の癌のいずれとも関連がないと結論付ける。

 

〇妊娠誘発性高血圧症および子癇前症の推定関連評価

 妊娠誘発性高血圧症は、妊娠20週目以降に始まる血圧の有意に上昇したと定義される。子癇前症は、妊娠誘発性高血圧の特定のタイプであり、尿中へのタンパク質の漏出を伴う。PFOA曝露と妊娠誘発性高血圧症との推定関連を評価するための証拠は、C8 Health Projectのデータ(居住データ、測定された血清PFOA、および自己申告された妊娠状態など)、出生証明書からのデータ、および歴史的に推定された血清PFOAレベルを使用した様々な研究から来ている。ある研究では、C8と妊娠誘発性高血圧症との関連は見られませんでしたが、他の研究では小さな関連性が示されました。また、連続曝露指標に基づく推定血清PFOAと妊娠誘発性高血圧症との関連の証拠もあった。測定された血清PFOAは子癇前症と弱く不規則に関連付けられており、この関連は分析がより最近の妊娠に限定されたときに強化された。

 C8サイエンスパネルが入手できる疫学的およびその他の科学的データに基づいて、結論は、PFOA(C8)への曝露と妊娠誘発性高血圧との間には可能性のある関連性があるということです。

 

〇早産と低出生体重の推定関連評価

 早産は、妊娠37週を完了する前に乳児を早期に出産することと定義されます。PFOA曝露と妊娠喪失との推定的関連性を評価するための証拠は、様々な研究から来ており、そのほとんどはサイエンスパネル研究であったが、他の集団からの研究も含まれていた。これらの研究は、C8 Health Projectおよび追跡調査(測定された血清PFOAおよび自己申告の早産など)、出生証明書記録、および歴史的に推定された血清PFOAからのデータを使用したが、これらに限定されなかった。ほとんどの研究では、早産と測定または推定された血清PFOAとの間に関連性は見られなかった。早期早産と推定PFOAとの関連が1つの研究で見出されたが、サンプルサイズは小さかった。他の集団の研究の結果は、測定された血清PFOAと早産との間にほとんどまたは全く関連を見いださなかった。

 C8科学パネルが入手できる疫学的およびその他の科学的データに基づいて、結論は、PFOA(C8)への曝露と早産または低出生体重との間には推定上の関連性はないということです。

 

〇ミッドオハイオ渓谷における2005年から2010年の間の血清PFOA/PFOSおよび血清脂質の変化

 最初の報告書は、サイエンスパネルの短期フォローアップ研究の結果を説明しました。C8 Healthプロジェクトから約800人の参加者が招待され、最初の調査から4年余りが経過した2010年にさらなる血液サンプルを提供しました。その間、これらの人々のC8の血清レベルは、平均して約半分に低下しました。その研究の最初の結果では、コレステロールとC8レベルの変化との関係が考慮されています。コレステロールは全体的にあまり変化しなかったが、この変化はC8の変化と相関していることがわかった。C8の低下が大きいほど、特にLDLコレステロールについては、コレステロールの低下が大きくなります。LDLの場合、C8の半分はLDLの3.6%低下と関連していた。

 

 

 


Ⅲ フルオロポリマー製造施設周辺のコミュニティにおけるパーフルオロオクタン酸(PFOA)への曝露源としての民間飲料水井戸

公開日:2011年01月01日https://doi.org/10.1289/ehp.1002503引用者:49

〇要約

 

・バックグラウンド

 C8 Health Projectは、フルオロポリマー製造施設によって汚染されたオハイオ州とウェストバージニア州のコミュニティにおけるパーフルオロオクタン酸(PFOA、またはC8)と人間の健康に関するデータ収集するために2005年に設立されました。

 

・目 的

 我々は、民間井戸から水を飲んだC8保健プロジェクト参加者のサブセットにおいて、汚染された飲料水によるPFOA曝露を評価した。

 

・メソッド

 参加者は、人口統計情報と住宅、職業、病歴を提供しました。血清PFOA濃度を決定するために実験室分析を実施した。PFOAのデータは、2001年から2005年にかけて、62の民間飲料水井戸から収集された。我々は、飲料水と血清中のPFOAレベルとの関係を、ロバスト回帰法を用いて調べた。回帰モデルとの比較として、我々は、定常状態での血清:飲料水濃度比を推定するために、一次単一コンパートメント薬物動態モデルを使用した。

 

・業 績

 民間井戸を使用した108人の研究参加者の血清PFOA濃度の中央値は75.7μg/L(換算し直すと75,700ng/1,000ml、75.7ng/ml)で、米国の一般人口の約20倍であったが、公共の水を飲んだ地元住民のレベルに類似していた。飲料水中のPFOAレベルの1μg/Lの増加は、それぞれ141.5μg/Lの血清濃度の増加と関連していた(95%信頼区間、134.9-148.1)。定常状態薬物動態モデルの血清:飲料水濃度比は114であった。

 

・結 論

 PFOAに汚染された飲料水は、研究集団における血清中のPFOAレベルに大きく寄与している。回帰法および薬物動態モデリングは、この関係の同様の推定値を生成した。

 

〇研究人口

 C8 Health Projectは、約69,000人の成人を対象とした横断的研究で、Brookmar Inc.によって2005年8月から2006年8月にかけて実施された(Frisbee et al. 2009)。参加者は、デュポンのワシントン・ワークスの施設を囲むウェストバージニア州とオハイオ州の6つの公共水道地区の1つ(ベルプレ、リトルホッキング、ルーベック、メイソン郡、ポメロイ、タッパーズプレーンズ・チェスター)の1つに住んでいました(図1)。

 人口統計学的情報および居住地、職業、および病歴を得るために、アンケートおよび臨床検査を使用して各参加者からデータを収集した(Frisbee et al. 2009)。PFOAを含む10の過フッ素化化合物の濃度も、2005年8月から2006年8月の間に各参加者から1回採取した血清サンプルで決定された。

 詳細な分析方法は以前に記載された(Kuklenyik et al. 2004)。簡単に説明すると、血清サンプルを、逆相高速液体クロマトグラフィーに結合した自動固相抽出を用いて分析した。

「図1 C8保健プロジェクトに含まれる水域と、各井戸の平均PFOA濃度を示す民間の飲料水井戸の場所。」

 図1は、井戸位置および対応する平均PFOA濃度を示す。各井戸を使用する参加者の数は、1〜4の範囲であった。我々の分析に含まれた飲料水井戸中のPFOA濃度の中央値は0.2μg/L(平均±SD、0.8±1.9μg/L)であった。中央値は米国EPAの暫定的な健康勧告レベルである0.4μg/Lを下回っていたが、多くの参加者は諮問レベルを超える飲料水レベルを有していた(U.S. EPA 2009)。

 PFOA濃度は、ワシントン・ワークスの施設から最も遠い定量限界(LOQ = 0.006 μg/L)以下から施設に最も近い13.3 μg/L13,300ng/L)まで、井戸間でかなりの変動性が見られました。1つのサンプルがLOQの下に報告され、分析でLOQ(0.006μg/L)が割り当てられました。19人の研究参加者によって使用された11の井戸から複数のサンプルを採取した。

 一般に、2001年から2005年にかけて、民間飲料水中のPFOA濃度の全体的な傾向は見られなかった。各井戸のPFOA濃度は季節によって変動しているように見えたが、これらの違いは降水量の季節変化によるものかもしれない。季節的に測定された井戸のサブセットについて2004年と2005年に測定されたPFOA濃度は、補足資料、図1(doi:10.1289/ehp.1002503)に示されています。

 

〇薬物動態モデル

 回帰は、他の因子について調整した後、水分濃度の単位変化あたりの血清濃度の変化の推定値を提供する。回帰分析との比較のために、我々はまた、単純な一次単一コンパートメント薬物動態モデルを用いて、飲料水中の血清中PFOA濃度の比を予測した。Bartell et al. (2010)は以前、ヒトにおけるPFOAの薬物動態が一次排除と一致することを実証した。

 研究集団におけるPFOA汚染飲料水への曝露期間が数十年程度であることを示唆するデータに基づいて(Paustenbach et al. 2007)、血清中のPFOAのレベルが定常状態濃度に達したと仮定した。定常状態血清PFOA濃度の比、Cs(マイクログラム/リットル)、水分濃度まで、Cw(マイクログラム/リットル)を、以下の式を用いてモデル化した(Bartell 2003):

 ここで、f は吸収された PFOA の割合、Q は 1 日の水分摂取量 (1 日あたりのリットル数)、k は PFOA 除去の 1 次速度定数 (日)-1; k = 0.693/t1/2ここで、t1/2は半減期である)、およびVdは見かけの分布量(リットル)です。 

 各パラメータの値は、利用可能な動物およびヒトPFOA薬物動態データのレビューから得られた(表1)。

「表 1薬物動態パラメータ値および供給源。」

パラメーター 記号 価値 データソース
取水量 Q 1.4リットル/日 米国環境保護庁 1997年
PFOA吸収体の割合 f 100% ギブソン・アンド・ジョンソン 1979
半減期 t1/2 2.3 年、840 日 バーテルら 2010年
流通量 Vd 男性, 181 ミリリットル/キログラム;女性, 198 ミリリットル/キログラム;個々の体重を掛けた値 Butenhoff et al. 2004

a動物データに基づく。

 

〇業 績

 井戸モニタリングデータをC8 Health Projectの参加者と結びつけて、62の異なる私有井戸を飲料水に使用した115人の個人を特定することができました。

 これらの個体のうち、4人(3.5%)は欠損データ(血清中のPFOAレベル:n = 1、体重:n = 2、人種/民族性:n = 1)であり、分析から除外された。

 また、ベジタリアン(n = 2)と非白人参加者(n = 1)は、これらの変数の数値が小さすぎて適切に制御できないため、除外しました。

 最終的なサンプルは、108人の参加者で構成されていました。血清PFOA濃度は0.9~4751.5μg/Lの範囲であり、中央濃度は75.7μg/L(平均±SD±177.3~499.7μg/L)であった。

 より大きなC8 Health Projectサンプル(Steenland et al. 2009)で以前に報告されたように、自分で野菜を栽培し、デュポンで雇用された個人は、血清PFOA濃度の中央値が高かった(表2)。PFOA濃度は、高齢(65歳>)およびより重い(>80kg)参加者の間で高かったが、差は統計的に有意ではなかった(表2)。

「表2 選択された集団特性、血清PFOA濃度、および差の統計的有意性。」

特性 n (%) 血清PFOAの中央値[μg/L(四分位範囲)] p
総人口 108 (100) 75.7 (31.5–130.5)  
男性 51 (47.2) 82.2 (45.9–164.3) 0.10
女性 57 (52.8) 68.1 (21.0–115.5)  
野菜を育てる
いいえ 64 (59.3) 50.7 (24.9–107.3) < 0.001
はい 44 (40.7) 91.2 (57.0–145.2)  
デュポンに勤務
いいえ 94 (87.0) 67.6 (72.2–102.4) 0.11
はい 14 (13.0) 87.1 (27.4–145.1)  
年齢(年)
≤ 65 63 (58.3) 59.8 (20.6–115.9) 0.35
> 65 45 (42.7) 84.9 (49.0–145.1)  
体重(キログラム)
≤ 80 50 (46.3) 63.5 (31.5–107.7) 0.64
> 80 58 (53.7) 81.2 (30.1–177.4)

 

〇回帰結果

 血清PFOA濃度と平均飲料水PFOA濃度の関係の形状を、S-Plus(バージョン8.0;Tibco Software, Inc., Palo Alto, CA, USA).平滑化されたデータのプロットの目視検査は、薬物動態モデル(式1)によって示唆されるように、血清と飲料水のPFOAレベルとの間の関連が線形傾向(データ示さず)として推定され得ることを示した。

 したがって、回帰モデルにおける非変換血清PFOA濃度の線形予測因子として、平均飲料水PFOA濃度を組み込んだ。調整ロバスト回帰モデルでは、飲料水PFOA濃度の各マイクログラム/リットルの増加は、血清濃度の141.5μg/L [95%信頼区間(CI)= 134.9-148.1]の増加と関連していた。

 表3は、モデルに含まれる他の変数の効果推定値を示しています。自分の野菜を栽培すること、男性であること、デュポンで雇用されていることは、血清PFOAレベルの上昇と関連していました。しかし、関連は0.05水準で統計的有意性に達しなかった。既知の供給源を考慮した後のこの集団における推定バックグラウンド血清レベルは7.4μg/Lであった(表3)。さらに、男性と女性の血清:飲料水-水濃度比の違いを調べました。性別で層別化すると、男女ともに非常によく似た比率が観察されました。したがって、モデルに交互作用項を含めた場合、有意な(p値<0.05の)水による性濃度の相互作用(データは示さず)は観察されなかった。

「表 3血清PFOAのロバスト回帰モデルを調整した。」

 

共変量 β係数(95%信頼区間)
遮る 7.4 (-9.8 から 24.4)
まあPFOA 141.5 (134.9 から 148.1)
男性 18.8 (-1.6 から 39.1)
>歳 65歳 -4.2 (-24.2 から 15.9)
野菜を育てる 18.4 (-1.3 から 38.1)
デュポンに勤務 5.9 (-24.1 から 36.2)

a他の共変量(体重、ボトル入り飲料水の消費量、タバコの喫煙、アルコール消費量)を含めることで、主な関連性は変化しなかった。

 

〇結 論

 デュポン・ワシントン・ワークスの施設を囲むウェストバージニア州とオハイオ州の民間飲料水井戸はPFOAに汚染されている。

 民間の井戸の濃度は、場合によっては、地域の公共水域で観察された濃度よりもはるかに高い。民間の井戸使用者にとって、調整された回帰分析は、飲料水中のPFOAレベルが血清中のPFOAレベルの有意な予測因子であることを示している。

 回帰分析では、飲料水PFOA1μg/L(1,000ng/L)の増加ごとに血清レベル141.5 μg/L増加すると予測され、定常状態の薬物動態モデルで予測された1μg/Lごとに血清中の114 μg/Lと非常によく似た結果となった。これらの結果は、点源PFOA汚染のある他の地域にも適用できる可能性がある。

 

 

 


Ⅳ ペルフルオロオクタン酸(PFOA)の健康影響に関する疫学的証拠

公開日:2010年08月01日https://doi.org/10.1289/ehp.0901827引用元:240

要 約

・目的と情報源

 PFOAの疫学文献をレビューした。

 

・データ合成

 パーフルオロオクタン酸(PFOA)は天然には発生しませんが、先進国のほとんどの住民の血清中に存在する(米国の中央値、4ng/mL)。飲料水は、一部の集団における曝露の主要な経路であるが、曝露源はよく理解されていない。PFOAは、ゴアテックスやテフロン(登録商標)などの製品を製造するために使用されてきた。PFOAは環境内で分解されません。ヒトの半減期は約3年と推定される。PFOAは体内で代謝されません;それは親油性ではない。

 PFOAは直接遺伝毒性ではありません。動物データは、それがいくつかのタイプの腫瘍および新生児死を引き起こす可能性があり、免疫系、肝臓系および内分泌系に毒性作用を有する可能性があることを示している。

 PFOAの人間の健康への影響に関するデータはまばらです。コレステロールおよび尿酸との控えめな正の関連についての比較的一貫した証拠があるが、コレステロール効果の大きさは異なる曝露レベルで一貫していない。肝臓酵素とのささやかな正の相関関係のいくつかの、しかしはるかに一貫性のない証拠があります。

 ほとんどの知見は横断的研究から来ており、結論は限定的である。2つの職業コホート研究は、慢性疾患の一貫した証拠を提供していない。どちらもサンプルサイズと死亡率データへの依存度によって制限されます。生殖データは最近増加していますが、一貫性がなく、観察された副作用は控えめです。

 

・結 論

 疫学的証拠は依然として限られており、今日まで、懸念される疾患のいずれかに対するPFOAの役割に関する確固たる結論を引き出すにはデータが不十分である。

 

 

 


Ⅴ 被曝コミュニティの現在および以前の住民におけるペルフルオロオクタン酸(PFOA)の蓄積とクリアランス

公開日:2011年01月01日https://doi.org/10.1289/ehp.1002346引用者:42

要 約

・バックグラウンド

 パーフルオロオクタン酸(PFOA)は、アメリカ人の>99%に見られるパーフルオロアルキル酸である。その健康への影響は不明です。血清半減期の事前推定値は2.3〜3.8年の範囲である。

 

・目 標

 我々は、ウェストバージニア州とオハイオ州の6つの水域の産業施設からのPFOA排出に曝露された現在および以前の居住者のサンプルにおける血清PFOA濃度に対する、居住年数および研究地域居住からの年数の影響を評価した。

 

・メソッド

 血清サンプルと居住歴を含むアンケートは、2005年から2006年にかけて収集された。我々は、現在の住民の丸太血清PFOA(ナノグラム/ミリリットル)を、様々な要因について調整した水域での居住年数の関数としてモデル化した。我々は、2セグメントの対数線形スプラインを用いて、ばく露レベルの高い2つの水域に住んでいた元住民の半減期をモデル化した。

 

・業 績

 現在の居住者17,516人の血清中PFOA濃度を居住年数の関数としてモデル化した(R2= 0.68)。居住年数はPFOA濃度と有意に関連しており(血清PFOAの1%増/居住年)、水域によって有意な不均一性を有していた。半減期は、合計1,573人の個体からなる2つの水域で推定された。我々の分析に参加した参加者については、水域に居住してからの数年間が血清PFOAと有意に関連しており、被ばくレベルが高い水域と低い水域でそれぞれ2.9年と8.5年の半減期が得られた。

 

・結 論

 露出した水域での居住年数は、2005年から2006年に観察された血清PFOAと正の関連がある。低ばく露水域と高ばく露水域の血清クリアランス率の違いは、濃度依存または時間依存のクリアランスプロセスの可能性、またはバックグラウンドばく露の不十分な調整を示唆している。

 

 


Ⅵ 過フッ素化化学物質と胎児の成長:デンマーク国民出生コホート内の研究

公開日:11月 2007https://doi.org/10.1289/ehp.10506引用者:297

〇要 約

 

・バックグラウンド

 パーフルオロオクタンスルホン酸塩(PFOS)およびパーフルオロオクタン酸塩(PFOA)は、人工の残留性有機汚染物質であり、環境およびヒト集団全体に広く広がっている。いくつかの動物モデルでは胎児の成長を妨げることが分かっているが、ヒトでも同様の効果が見られるかどうかは不明である。

 

・目 標

 我々は、妊婦におけるPFOSおよびPFOAの血漿レベルと乳児の出生時体重および妊娠期間との関連を調査した。

 

・メソッド

 我々は、4つのコンピュータ支援電話インタビューをすべて完了し、妊娠4週目から14週目の間に最初の血液サンプルを提供し、先天性奇形のない単一の生児を出産した人々の中から、デンマーク国立出生コホートから1,400人の女性とその乳児を無作為に選択した。PFOSおよびPFOAは、高速液体クロマトグラフィータンデム質量分析計によって測定された。

 

・業 績

 母体血漿中のPFOSおよびPFOAレベルは、それぞれ平均35.3ng/mLおよび5.6ng/mLであった。PFOAレベルのみが出生時体重反比例した(調整β = −10.63g;95%信頼区間、−20.79〜−0.47g)。母親のPFOSレベルもPFOAレベルも、早産または低出生体重のリスクと一貫して関連していなかった。妊産婦のPFOSまたはPFOAレベルに対する有害作用は、妊娠期間の小ささでは観察されなかった。

 

・結 論

 我々の全国的なコホートデータは、母親の血漿PFOAレベルと出生時体重との間に逆相関があることを示唆している。これらの化学物質への広範な暴露のために、我々の発見は潜在的な公衆衛生上の懸念の可能性がある。

 

〇一部抜粋

 PFOAレベルが最も高い3つの四分位数の母親から生まれた乳児の調整平均出生体重は、それぞれ最低四分位数の母親から生まれた乳児よりも96、98、および105g低かった(表4)。PFOSまたはPFOAのいずれかと妊娠期間との間に統計的に有意な関連は観察されなかった(表4)。

 早産のリスク推定値の上昇はPFOSおよびPFOAのすべてのレベルで観察されたが、PFOSの第3四分位数およびPFOAの第2四分位数のORのみが統計的に有意であった(表5)。LBW(低出生体重児)またはSGAと母親のPFOSまたはPFOAレベルとの間に統計的に有意な関連は観察されなかった(表5)。

 

 「表 4妊娠中の最初の母体血中のPFOSおよびPFOA(四分位数)による出生時体重(g)および妊娠期間(日数)。」

 

  出生時体重(g)
妊娠期間(日)
  いいえ。 未調整平均 ティッカー いいえ。 未調整平均 ティッカー
PFOS (ng/mL)
6.4–26.0 347 3,640 519 349 281.0 9.7
26.1–33.3 346 3,673 539 348 280.4 10.8
33.4–43.2 346 3,590 506 349 279.6 10.8
≥ 43.3 348 3,602 552 352 280.4 11.4
PFOA (ng/mL)
< LLOQ–3.91 348 3,737 531 349 281.1 9.6
3.91–5.20 346 3,611* 539 349 280.0 11.3
5.21–6.96 349 3,595** 512 351 279.7 11.2
≥ 6.97 344 3,562** 524 349 280.8 11.7

記録(1)、血液サンプル(1)、出生時体重(12)が欠落しているため、この分析では1,387の観測値のみが使用されました。レコードが欠落しているか、カットオフ・ポイントで同じ値を持つレコードがあるため、各四分位数の数値は等しくありません。

*最小四分位数p値<0.01と統計的に有意に異なる。

**統計的に最も低い四分位数と有意に異なるp値<0.001。

〇議 論

 我々の知る限り、これは出生時体重と妊娠期間に関する全国的な人口ベースの研究で、妊娠初期に採取された母体血清中の過フッ素化化学物質のレベルに関するデータを前向きに収集したものです。我々は、母親の血漿PFOAレベルのみが出生時体重と逆相関していることを発見した。

 早産のリスク推定値は、PFOSまたはPFOA曝露の四分位数にわたって単調に増加しなかった。評価された4つのアウトカムすべてについて、最も低い被ばく四分位数の結果は上位3つの四分位数の結果と異なっていたが、25パーセンタイルを超える線量反応関連の証拠はなかった。

 本研究における母体血漿レベル(平均濃度:PFOS、35.3ng/mL;PFOA、5.6ng/mL)は、米国人口について報告されたほとんどのレベルに類似しているが、フルオロ化学労働者またはフルオロポリマー製造施設の近くに住む住民に見られるレベルよりもはるかに低い(Emmett et al. 2006a, 2006b;Olsen et al. 2003).

 我々の全国的な研究は、>90,000人の妊婦とその乳児のよく記述されたコホートから選択されるという利点を有する(Olsen et al. 2001)。

 PFOAと出生時体重との関連は、たとえそれが因果関係であっても、公衆衛生上重要である場合とそうでない場合があります。LBWは、人生の早い時期に限定されないより高い死亡率および罹患率と関連しているが(Glucksman and Hanson 2006)、これはLBW自体ではなく胎児成長障害の根底にある原因を反映している可能性がある。

 PFOAレベルと出生時体重との間には逆相関が認められたが、母親の濃度は動物毒性試験で発生効果が観察された濃度よりも桁違いに低かった。PFOAのリスク特性評価は、様々な発生転帰に対する10%応答レベルに対するベンチマーク用量のより低い95%信頼限界に関連する平均血清濃度がラットにおいて少なくとも29,000ng/mLであったことを示している(Butenhoff et al. 2004a)。マウスにおいて胎児体重の有意な減少が起こったおおよその母体血清濃度は、175,000ng/mLとはるかに高かった(Lau et al. 2006)。実験動物で報告された比較的急速な排泄速度とは対照的に、PFOAはヒトにおいてゆっくりと排除される(Kennedy et al. 2004)。したがって、動物データとの比較は困難であり、ヒトに必要な毒物運動学的データが不足している。それでも、我々の研究で低レベルの曝露で観察された出生時体重への悪影響は、ヒト血液中の遍在するPFOA汚染と相まって、懸念の原因となる可能性がある。

 

 結論として、我々の全国的なコホート研究は、PFOAの母親のレベルと出生時体重との間の逆相関示唆している。PFOSとPFOAの化合物が胎児の成長を低下させる場合、継続的な曝露は公衆衛生上の懸念事項となり、他の潜在的な生殖効果が研究されるべきである。

 

 


Ⅶ 欧州における新たな化学物質リスク — 「PFAS」

〇PFASが懸念されるのはなぜですか?

 PFASは、ヒト、動物および環境に蓄積する持続性化学物質であるか、または分解する。これは、人々がさらされる化学物質の総負担を増大させ(Evans et al., 2016)、健康への影響のリスクを高める。比較的少数のよく研究されたPFASのうち、ほとんどが、特に子供の発達のために、中程度から非常に毒性が高いと考えられている。図1は、PFASの健康への影響に関する現在の知識をまとめたものです。

 

「図1.PFASが人間の健康に及ぼす影響」

出典: US National Toxicology Program, (2016);C8健康プロジェクトレポート, (2012);WHO IARC, (2017);バリーら, (2013);フェントンら, (2009);とホワイトら、(2011)。

 

〇PFASへのヒト曝露の主な経路は何ですか? 

 人間および環境への曝露の主な曝露経路を図2に示す。一般人口の場合、PFAS源には飲料水食品消費者製品ほこりが含まれます(EFSA、2018)。

 食品では、食物連鎖の頂点にある魚種貝類がPFAS曝露の重要な原因である。汚染された土地で飼育された家畜は、肉、牛乳、卵にPFASを蓄積する可能性があります(Ingelido et al., 2018;沼田ら, 2014).

 直接暴露は、スキンクリーム化粧品を介しても起こる可能性があります(デンマークEPA、2018;Schultes et al., 2018)またはPFASコーティングされた織物からのスプレーおよびほこりからの空気を介して。PFASによって深刻な影響を受ける可能性のある皮膚および肺を介した取り込みに関する知識はほとんどない(Nørgaard et al., 2010;Sørli et al., 2020).

 消費者の暴露は、床、木材、石、自動車の研磨およびクリーニング製品など、他の経路を介しても発生する可能性があります。

 高濃度のPFASに曝露される可能性のあるグループには、労働者および水を食べたり飲んだりする人々、およびPFAS処理された食品接触材料を介して汚染された食品が含まれる(Susmann et al., 2019)。PFASは医薬品や医療機器に使用されていますが、これらの経路を介した曝露に関する情報はほとんどありません。

 

「図2:典型的なPFAS曝露経路」 


Ⅷ まとめ

 

 PFOAについて主にC8のサイトとそのサイトから関連付けられるもの等を掲載しました。

 

 これらについては、PFOAによる健康被害について確固たる根拠を示すものはないが、関連性が推定されるとしています。具体的には、C8 Science Panel において高コレステロール潰瘍性大腸炎甲状腺疾患精巣癌腎臓癌、および妊娠誘発性高血圧症との推定関連です。

 またデンマークのコホート研究で、PFOAの母親の血清濃度レベル(LLOQ~6.97ng/mL以上)と出生時体重との間の逆相関が示唆されています。ただし、C8 Science Panel 及びデンマークコホート研究でも低出生体重児との関連は確認されていません。ただし、欧州環境庁においてリスクを高めると指摘されています。

 

 また、民間飲料水井戸との曝露調査から、 飲料水中のPFOAレベルの1μg/Lの増加は、それぞれ141.5μg/Lの血清濃度増加と関連していたとされています。これはPFOA摂取が血中濃度へ反映状況について理解を深めるものです。そしてPFOAの蓄積とクリアランスにおいて、PFOAが体内から排出されることについて理解を深めることができます。

 

  最後に、PFOAについては難分解性で、食物連鎖からも人に曝露されること、そしてそれが排出されたとしても、また自然環境下で食物連鎖により再び人に曝露することを示しているとも考えられます。このことは、健康に影響を及ぼさないようにPFOAの曝露量を減らす・一定量を越えないことが重要ということとなります。

 

 


Ⅸ その他

 

〇飲料水と血中濃度の関係について

 Ⅲの「フルオロポリマー製造施設周辺のコミュニティにおけるパーフルオロオクタン酸(PFOA)への曝露源としての民間飲料水井戸」によると飲料水中のPFOA濃度の1μg/Lの増加は、それぞれ141.5μg/LのPFOA血中濃度の増加と関連していた。(2005~2006年、摂取水量は1日あたり1.4L。)

 飲料水中のPFOAレベルが1,000ng/Lとなると、濃度141,500ng/L(血濃度141.5ng/mLとなる。

 そうなると単純に、飲料水中PFOA濃度100ng/Lとすると血中濃度は14.15ng/mLとなる。

 その半分であれば、飲料水中PFOA濃度50ng/Lは血中濃度7.07ng/mLとなる。

 摂津市の飲料水中のPFOA濃度10ng/Lであれば、血中濃度1.41ng/mLとなるということでしょうか。

 血中濃度が5ng/mL等になるということは、飲料水以外の食品群や製品等から摂取しているということなのでしょう。

 

〇農作物等について

 市内(関連地域)の農作物おいては、PFOAがどれだけ含まれているのか、そして農作物から摂取したPFOAが人体の血中濃度にどれだけ影響を及ぼすのか、それが分かりません。(PFOAの血中濃度が高ければ健康リスクが推定されます。)

 農作物といった食べ物は飲料水(毎日必ず一定量摂取する。)とは違って、摂取する頻度も変わってきます。

 例えば、環境省資料では魚介類にはPFOA平均45-69ng/kgが含まれ、肉類でも4-18ng/kgとされています。実際には1日で魚1kgを食べることはなく、例えば200gくらいでしょうか。そうなるとPFOA曝露(摂取)は9-14ngとなります。

 1日あたりのPFOA曝露量(摂取量)をある程度把握できるならば、不安は収まるのではないでしょうか。勿論、その時には基準値(限界値?)を国が指定しておくことが必須です。現状でいえば、例えば50~100ng前後/日(国の水の暫定基準50ng/Lで2L/日 飲んでも問題ない。)でしょうか?

 繰り返しとはなりますが、農作物においては地域で、PFOA含有量は大きく変わることでしょう。当然、その含有量で安心への差は大きく変わります。国が含有量を調査すると同時に、その含有量等に係る指針を定めないと混乱することは間違いありません。

 

〇分からないことが多いです。

 100か0ではないシビアな問題です。市内において高濃度のPFOA汚染された井戸水を飲料しないよう注意喚起等は当然必要です。だからといって、分からないことを利用して過剰に不安を煽り、風評被害をもたらすことについては許されるものではありません。

 

国は速やかに農作物へのPFOAの影響、そして健康に関わる指針を定めることが求められます。

議会で求めていきます。

 

指針が出れば、関連企業の対策さらに促し、また国や大阪府の対応強化となって、PFOA問題の解決につながります。 

 

 


Ⅹ 関連リンク