未来を育む

吹田市との共同構想の解消・どうなる摂津市の給食センター用地選定⁈
未来を育む · 2022/10/01
昨年から進められていた健都イノベーションパークでの吹田市との給食センター共同構想は2022年7月に解消となりました。教育委員会は改めて給食センター用地選定を健都イノベーションパーク以外での市保有地で、進めるとしています。 その取組み状況について、また現状の選択制給食の向上等について、議会で取り上げました。

簡単に負担なく、子どもの語彙力を高める「振り漢字」について
未来を育む · 2022/08/24
この学習方法はすごいですよ!!「親にも子にも負担が無い。」とても効果的な学習法なのですと。それは、「振り漢字」というものです。  小学生1年生(現2年生)の子どもの教科書(国語だけ)に、ひらがな表記の文章に振り仮名ならぬ「振り漢字」を付けた。そうすると、その子どもは勝手に漢字が読めるようになっていった。不思議なことに、たったそれだけで、巷にあふれる漢字を一年間で大分読めるようになっていた。というのです。 それで読書活動も盛んになり、学ぶ姿勢が積極的になったといいます。

幼児期の言語力の重要性と就学前教育と小1スタートカリキュラムの連携
未来を育む · 2022/07/16
 摂津市の学力課題の解決に向けて、幼児期の言語力向上の取組みは極めて重要です。令和4年度から教育委員会は「就学前教育実践の手引き」の改訂の方向性や内容を検討しています。私はこの改訂に際して、「言語力」に関して特に記載すべきと考えています。なお「言語力」についてはマスクの弊害を克服しなければなりません。また、それに合わせた小学校の小1のスタートカリキュラムの教育委員会版を策定することも提言しています。

摂津市の強化された体制による児童虐待防止の取組み状況について(2022.7)
未来を育む · 2022/07/06
 昨年8月の摂津市で起きた児童虐待死事件の再発防止は非常に重要です。   これまでの検証報告書等を踏まえ、市は児童虐待防止のための体制強化や、2022年4月から新しい幼保ソーシャルワーカーの採用やスーパーバイザーの招聘、そして関係機関との連携強化に取り組んでいます。  それらの取組みが実際に機能しているのか、反省が活かされているのか、議会等で確認しました。2022年7月時点では、しっかりと取り組まれているものと考えます。

就学前教育での語彙力向上へ、漢字教育・漢字遊びの事例
未来を育む · 2022/04/09
市内こども園にて、1回1時間を基準に、主に5 歳児の園児に語彙力向上につながる漢字での教育を実施された事例があります。  この事例では、漢字での教育というよりは、園児たちが楽しみながら、遊びながら自然と覚えていく、漢字遊びが言葉としては適切と思われました。 この漢字の遊びが実際にどのようにされたのか具体例を紹介します。是非、ご参考下さい。

摂津市の児童虐待防止の強化策について(2022.4)
未来を育む · 2022/04/01
昨年、市内において悲惨な児童虐待死事件が起きました。 この事件を受けて、市は、庁内で対応が適切であったのか検証を行うとともに、逐次、対策を講じてきました。そして私を始めとする議員全員が、議会として市に対策を講じるよう提言してきました。 令和4年度は担当部署の予算増で、その取組みが進められようとしています。

公立小学校の臨時オンライン授業について(2022.2)
未来を育む · 2022/02/16
 コロナ禍の影響で、摂津市立別府小学校は4日間の休校となりました。この休校時に児童の学びの保障のために、臨時でオンライン授業が行われました。その授業を視察し、その有効性や課題などについて考察しました。そして、今後も同様のケースが起きる可能性が否定できないことから、市教委に対して臨時オンライン授業実施を円滑に行うための基準等を作成するよう求めました。

摂津市就学前教育に関する職員アンケート(2021.12)、次なる取組みへ
未来を育む · 2022/01/22
令和3年度、市は小学校教員及び管理職、就学前教育施設の5歳児担当経験のある職員を対象に、就学前教育に関するアンケートを実施しました。これまで就学前教育や当該施設と小学校との連携で、様々な課題が言われていましたが、文章化されておらず、認識の統一という点では遠いものでした。アンケート結果は、それを文章化し、課題の見える化に貢献します。今後はアンケート結果からの課題を炙り出すことが求められています。

摂津市の学力向上への改善状況についてR3年度
未来を育む · 2022/01/04
摂津市の小中学校における学力課題はかねてから議会で議論が行われているが、令和3年の全国学力・学習状況調査を踏まえ、年々改善してきている。  その分析や、今後の更なる取り組みについて取り上げる。

児童・生徒の生きる力を養う読書習慣の定着化に向けて
未来を育む · 2022/01/02
読書は生きる力を養うための極めて重要な取り組みです。本市の児童・生徒の読書環境の課題を克服し充実していかなければなりません。議会内容も含めています。

さらに表示する